お金の無償支援

2021年02月27日

お金の無償支援で思い出すのは、何年か前にヨーロッパ旅行した時のこと。
とある観光地にいたんだけど、結構路上でお金恵んでーって座ってる物乞いの人が多かったんだ。
当時は、もしかしたらヨーロッパ中どこでもそうだったのかもしれないけど。
日本ではあんまり見かけない姿だったから、気になったんだけど、こっちは観光だし、言葉も分かんないしさ。
お金の無償支援!って柄でもないし。お金、寄付しないことにしてたの。
もうどういう人がいても、犬連れてても、猫連れてても、体が不自由な人でも老人でも女性でも一律に、寄付しないスタンスだったの。
どんなに哀れっぽい目で見られても知らん顔してた。
お金支援掲示板を使った主婦の私がコロナ離婚の生活資金援助を得た経緯
だって、今まで「寄付しない」ってスタンスで来てたのに、その人にだけお金をあげるのってフェアじゃない気がして。
あげないと決めたらあげない!って。
精神的にしんどいなと思ったけど・・・観光に慣れてくると、そういう物乞いの人のことも平気で無視できるようになってた。
だけど、一度だけ「失敗したな」と思ったことがあってね。
物乞いの人の姿、見えてなかったの。その人が座ってる向こうにあるアイス屋さんに行こうとして、小銭あるかなーって財布開けて確認したら・・・
近くにいた物乞いのお婆さんが勘違いしたみたいで、急に身じまいを正してた。
お金もらえると思って期待させちゃったんだ・・・って申し訳なくなったのを覚えてるわ。
恥ずかしい思いをさせてしまった罪悪感があって、今だにお金の無償支援とか寄付とか無理。
お金ください掲示板
お金あげます掲示板